猫と飼主のヒーリングイベントを開催(第11回:4/28)
今後はペットヒーリングをメインに活動することにしました
自らがもっている自然回復力、治癒力向上をサポートしてペットや飼主さんを癒したいと思ったので、自然療法、免疫療法のヒーリングメインに活動します。これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

2020.04/01(Wed)

直傳靈氣(直伝霊気)を習得してヒーリングがパワーアップしました♪

直傳靈氣1レイキ(霊気・靈氣)とは本来持っている力(自己回復力・免疫力)を増幅させて改善させる方法です。
宇宙(太陽)からの靈氣(エネルギー)を受け取り、施術者(ヒーラー)が自分の身体を通して増幅し患者に与えます。

今、日本に伝わっているレイキは、99.9%が逆輸入された西洋レイキです。
直傳靈氣(直伝レイキ)とは本来の日本で行なわれていた伝統的な靈氣療法で、西洋レイキで失われた「体と心の病気治療」や「精神性」など治療・施療に特化した肉体、精神の改善を目的とした手技です。

私は西洋レイキは10年前にレベル3まで習得して、ずっと使い続けてはいたのですが、氣が出ているのは感じても、悪いところを改善できる治療という所まではできない「リラクゼーションの癒しや弱い改善」程度に留まっていました。

病気や症状の回復改善を目的とした、本物のヒーリングがしたかったので、その後、去年末に気功を使ってヒーリングをする「ペット(動物)ヒーラー養成講座」を受講し、その後も「スーパーヒーラー プロコース(共鳴氣動療法師)」を受講し、今も勉強中です。

この「スーパーヒーラー プロコース」も毎月とても勉強になって技術アップしているのを感じているのですが、関東にあるために、毎月通うのが無理な私はネット配信で勉強していて、知識や方法は学べても、微妙な感覚的なことが学べないのがとても残念で、改善できてる確信が今一歩持てないでいました。

そこで、この「直傳靈氣」というが今までのレイキと違い、治療・施療に特化したレイキで、西洋レイキの時から知りたかった「響き(病腺)」という感覚を中心に学べる事でとても気になっていたのを、熊本でも学べるという事を知り、早速習得してきました。
  

「気功」と「レイキ」の違いは、手の平から氣を出して調整するという点は同じなのですが、簡単に分けると、気功は「自分のエネルギー」レイキは「自然のエネルギー」なので、「気功」は氣を思い通りに出せるよう訓練する必要があり、レイキは使っていれば自然とよく氣が出るようになります。

治療するには「病気の感知」ができないと改善したかも分からないのでそれが一番、直傳靈氣で習得したい事でした。
それまでは「なんとなく患部が熱い感じがして少し取れたかな」という程度でした。それでも取れた感じがした時は症状改善はしていたのですが、「中々スッキリとは取れた感じがしない。」というのがモヤモヤする所ではありました。

「直傳靈氣」を習って、病腺の感知の方法を新たに知れて、今まで以上に患部の箇所が分かるようになりました。
一番重要だったのが、患部に手を当てる時間が足りてなかったこと(^^A)
直傳靈氣を当てる時間が思っていた以上に長い事に驚きました。
気功の先生にも「パワーが付くと短時間で解消される」と言われてましたが、まだ修行不足の私には思っていたよりもっと長めに1か所に時間をかける事が必要だったのです。
それまで「なんかまだスッキリ取れた気がしないな」と思っていたのは、単純に時間が足りてなかったのです(^◇^A)
方法は合っていたし、時間をもう少しかければもっと効果が出ると知れただけでも私にとっては大収穫でした♪

その後すぐ家族に試しましたが、腰の痛みが胃から来ていてビリビリ感じるのが分かったり、いつものヒーリングに直傳靈氣で習った事も合わせる事によって症状もかなり改善したので、今まで以上のヒーリング効果が出せると確信している所です♪

今ペットのツボや経絡なども学んでいて、それに沿ってヒーリングすると効果が高くなっているのを感じているので、それに加えて気功や直傳靈氣の良い点を合わせていくことで、これから治療としての効果がアップできると思っています。
癒しだけでない体と精神面に対しても改善効果が出せると思うので、ぜひ一度試してみてください(*^ー^*)

代替医療として治療できるほどの実力のあるヒーラーになれたら医療費の軽減にも役立てるし、病院に連れて行けない子も診てあげられます。
不調な子が少しでも楽になれるように、これからも精進します(T0T)ノ゛
 
関連記事

テーマ : ペットヒーリング、アニマルヒーリング - ジャンル : ペット

01:21  |  ヒーリング・気功・直傳靈氣  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |